でふぇねすとれーしょん!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法先生ネギま!236時間目「ナギ・コジロー組、出陣!」感想&長谷川千雨について.

<<   作成日時 : 2008/12/24 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

3週間ぶりのネギまです.
いやはや3週間の長ったらしいこと(^_^;).まぁドラマCDとかありましたが.

何やら楓のアーティファクトが早速活躍している模様.
それは問題無いんだけれども何だって日本庭園なんだ?ww
古菲はまだ仮契約していない様子.古菲、必至に弁明するも、そりゃあ筋が通ってねぇぜ〜.
さよはパクるなら朝倉だろうし、茶々丸は既にエヴァンジェリンの従者ですから.

まぁそれはさておき.

どうやらオスティア探索組にオマケがいらっしゃるようです.
せっちゃん,楓,古菲,朝倉,茶々丸は分かるけれど、何故パルwww
遺跡見たいから志願した、ってそらまた軽率すぎやぁしねえかい?刹那の姐さん?(Cv.カモ)
刹那もネギも言っているように高位の魔物がウロチョロしているダンジョンなわけですし...
う〜ん・・イマイチ緊張感に欠けてる感じが否めないような・・

打って変わってこちらはオスティア残留組.
皆さん小さいですね〜(=^_^;=)
取り敢えずのどかは私がお持ち帰りさせていただきますww
明日菜が幼児化してます.@黄昏の姫御子な感じが全くしないとは一体どういうことだ.

便乗してまき絵と裕奈も幼児化.
ぺちゃぱい裕奈にめちゃくちゃ違和感を覚える・・ww
まき絵の反応の全くもって本音丸出しな感じがイイ!1
と、いうわけで裕奈も私がお持ち帰りということで.

千雨がこの二人と話すのは珍しい・・というか限りなく初めてでしょうか?

一つだけ、言わせてもらう.敢えてここで言っておこう.ずっと前に言うべきだった.

「千雨さん、クラスメイトのことバカにしすぎ.」


なんつーか、これは千雨初出時から思っていたことです.
魔法世界編、特にネギの闇修行に付き合ってからは千雨のこの悪い傾向もかなり改善されてきたように思います.しかし、それまでの千雨は“現実主義”なのではなく、単に周りのことを「ガキだ」と一蹴しているだけだったように思えます.それは、千雨自身も言っているように、千雨がただの「傍観者」だったから.
果たして、ただ傍観しているだけの人間に、当該の物事の本質が見抜けるのでしょうか??
答えは否です.更に言ってしまえば、千雨は自分と相容れないものを淘汰する傾向が強くあるように思えます.
自分と違いハシャぎまわる3-Aクラスメイトをやはり「ガキ」と一蹴していますが、よくよく考えればハシャぎまわること自体も含めクラスメイトは別段ガキではありません.つーかそれを言ったら千雨の方がよっぽどガキだということに気付いてもらいたい.なんだかんだで千雨は自分を客観的に見ることができていない(福田元首相的な意味でw).
それは恐らく「自分に自身が無いから」なのでしょうが、それでいて他人を一蹴するのは完全に矛盾している.
最近では「第二のネギの保護者」みたいな見方も出てきていますが、私個人の意見として千雨はまだまだネギの保護者からは遠い存在だと思っています.「ネギのアドバイザー」としてなら優秀やもしれませんが.
やはりネギの保護者は昔も今も、そしてこれからも明日菜であり続けるでしょうし、明日菜であってほしいと願っています.明日菜の冷静に物事を見る目が千雨以上だとは全く言いません.寧ろその面で見れば千雨の方が上でしょう.しかし、「決断力」「牽引力」「誠意」などの面から見てしまえば千雨のソレは到底明日菜に及ぶものではありません.明日菜が過去の記憶を取り戻したならば、「同じような運命を背負った者同士」としてソレはますます堅固かつ包容性のあるものになる可能性もあります.

しかし、そんな千雨はあくまで「魔法世界に飛ばされる前」の千雨です.
魔法世界に飛ばされてからの千雨は命の危機(ケルベラスクロスイーターに襲われた時.少なくとも「危険だった」ことは確実.)やネギの闇修行の付き添いなど、さまざまな出会いや経験をすることで、ネギま部メンバーの中で最も「現実を見据えることができた」のです.無論、これは「他ネギま部メンバーが現実を見ることができなかった」という意味ではなく、「千雨はそれまで現実から目を逸らしすぎた」という意味です.
現実を見ようとするが故に帰って現実から目を逸らしてしまっていたそれまでの千雨が魔法世界で現実と向き合うことで「物事を透徹して見られる目」と「他人への尊重」を手に入れることができたのです.
それが最も顕著に表れているのが光と闇の選択で迷うネギに対してかけた「あんた自身が選ぶ道だ」の一言です.
そして、「ネギの保護者」と相成ることはできなくとも、「ネギのパートナー」としては充分な存在に相成ることができたのではないでしょうか.このままクラスメイトに対しても心を開いてくれれば良いのですが・・・
まぁ、相変わらず魔法戦闘に於いては役に立たないですけど.
千雨の戦闘力については、正直これからの展開を見ていくしかないですかね...

さて、話を元に戻しましょう.
サブタイにもある通り、ネギ&小太郎のナギ杯出陣です.
小太郎は高見の見物決め込んでますよwww(^_^;)油断すんなってば!w
魔族って聞くとモルボルグランのイメージが強いからこの二人は魔族って感じしないなぁ.
蜘蛛男の人が使った魔法は「水精大瀑布(マグナ・カタラクタ)」「水流障壁(ウンダンス・バリエース・アクアリウス)」の二つ。この人(?)は水系が得意のようです.
どうでもいいですけど、手が沢山ある方の魔族の人がメイド服着てるのは何ユエに?ww
ほんでもって蜘蛛男さんが水精大瀑布をしかけたところにネギの闇の魔法「術式兵装“疾風迅雷”」が発動.
ポケモン的感覚で言うと雷は水に強いわけだけれども、そんな理由で雷の暴風を纏ったわけではない?w
遅延呪文がレベルアップした「右腕解放(デクストラー・エーミッタム)」「左腕解放(シニストラー・エーミッタム)」と大きな利点がここへ来て明確に利用されました.二つの方向に限りなく同時に呪文を解放することができる.普通の遅延呪文なら一回の解放に一回の呪文しか放てないのに対し、これは一回分の解放時間に2回の呪文を放つことができる.今回のように2vs.1の戦闘時には勿論のこと、一つの敵に対し「攻撃」「迎撃」の2つを一人で行う等の面でも役に立ちます.

ここで小太郎の興味深い一言.

「ネギ、そんなに急いでどうする?」

やはりネギは小太郎の目にも急いでいるように見えるようです.
なんとまぁネギの中でフェイトの存在が大きくなっていることを痛烈に感じさせる一言であることでしょう!
ネギの中で「フェイト・アーウェルンクス」、殊に「テルティウム」という存在は「世界を滅ぼさんとしている敵」「父親の失踪に関与した者」である以外に「好敵手」としての認識も強まってきているように思えます.
そしてラカンのこの言葉.

「勝ったんだったら笑顔のひとつも見せろや.」

ここで笑顔でない理由はただ一つ.
ネギにとって拳闘大会はフェイトとの戦いへの道筋でしかないから.
つまりは「こんなところで負けてるわけにはいかない」という心.
ネギにとって真に戦うべきは「完全なる世界」であり、拳闘大会での一戦くらい勝てなくてはいけないのです.

そしてCパート.
大戦の戦友が集結!!
いやー意味も無くワクワクするなぁwww
皆さんの名前が明かされました.「テオドラ“じゃじゃ馬”第三皇女」「アリアドネー魔法騎士団.セラス総長」.
リカード元老院議員はスヴァンフヴィート艦長時代の回想で分かってましたよね.
いやー、ホントこの辺の人たちが出てくると意味も無くワクワクするわなぁww
ラカン&テオドラのカップリングは個人的にメチャクチャ好きなんですけど、同志の方はいらっしゃいますかね??
やっべ〜テオドラ萌えだわwwwつーか完全にラカンにアタックしてるやんか!(^^
リカード、「元老院議員とか肩凝ってよ、むいてねぇんだ」ってオイオイ!!wwww
ヘラスの族は長命ユエに成長が遅いそうです.そりゃラカンの外見も変わらんわけだわな.うんうん。
一つ気になるラカンの、

「てめぇら3人がこうして裏で仲良くしてるのバレるとマズイんじゃねぇの?」

という言葉.これは二つの意味に受け取ることができます.
一つは、「連合,帝国の魔法世界二大勢力は相変わらず仲が良いとは言えず(23巻でフェイトが月詠に言っていたように)、アリアドネーはスイス的に中立を保っているようなので、この三大勢力のトップに位置する者達が仲良くしていることは問題である」という意味.もう一つが「連合,帝国,アリアドネーの三大勢力はリカード,テオドラ,セラスの仲が良いことなどもあり今では協力し合えるのだが、何等かの計画が進行中のために関係劣悪を装わざるを得なくなっている.」という意味.もしこれが前者の意味であれば何の問題もありませんが、もし後者なのだとすれば魔法世界上層部は既に「完全なる世界」の復活を認識しているということになります.う〜ん...
まぁどちらにせよこの三人はラカンとも友達みたいだし、ネギ達に協力してくれるでしょうね.なるほど心強い!!

<最後に>
ネギvs.ラカンかぁ〜.見たいなぁ〜!!
ラカンがガチで戦うところって実は今まで描かれていないんですよね.
暦環戦は二人を傷つけないように戦ってたみたいだし.うん。今から楽しみ。
ラカンのことだからタカミチみたいに手加減するなんてことは無いと思いますよ.
それにもしラカンが手加減したとしても、それでもラカンは強いと思いますよwww

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネギま!関連サイト巡回(12/24)
■「完全なる本屋-ネギまと音楽と暮らす日々-」さん「魔法先生ネギま!236時間目「ナギ・コジロー組、出陣!」感想&長谷川千雨について」 ...続きを見る
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
2008/12/24 22:43
楓の ネギま!ニュース+236時間目感想ブログまとめ 「2008年12月24日」
☆ネギま! ニュース ●日記21日分までUP [AI Love Network] [ネギのス]より ...続きを見る
光の翼 〜ALA LUCIS〜 [楓の箱...
2008/12/24 23:23
ネギま!236時間目の感想
やっぱり古は、まだ仮契約してなかったか。 もう少しの間、引っ張るようなのでパクティオーが楽しみです! ...続きを見る
時雨の製作日記
2008/12/25 03:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「水流障壁」のルビですが「ウンダンス・バリエース・アクアリウス」ではなく実は(パリエース)なんですよ!

PARIES(パリエース)で「壁」と言う意味になりますので。
時雨 湊
2008/12/25 03:27
>>時雨さん
あぁーそういえばそうでしたねぇ。。
竜巻みたいな障壁の呪文でしたっけ??
これは単行本(来年5月orz)26巻で修正されてるでしょうね.
Go
2008/12/25 09:10
>Goさん
4巻にでた魔法の中で使われているものです。
私は翻訳サイトでも確認済みなので、PARIES(パリエース)で間違いではありません!

マガジンでも、236時間目のルビは(パリエース)になってますので。
これが修正されることは、まず無いですよ!
バリエースだと意味が変わっいてしまいますので…
時雨 湊
2008/12/25 19:21
おりょ??
うおっと!!すっかり勘違いしてました..
今確認しました.確かに「パリエース」でしたね(^_^;)

つーか最初のコメ返の内容がおかしいのに今気付きましたwボケボケしてたみたいです(滝汗
Go
2008/12/26 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔法先生ネギま!236時間目「ナギ・コジロー組、出陣!」感想&長谷川千雨について. でふぇねすとれーしょん!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる