でふぇねすとれーしょん!!

アクセスカウンタ

help RSS 252時間目考察,「このせつ仮契約」編(2009/05/31-099[S-031])

<<   作成日時 : 2009/05/31 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

252時間目でこのせつが遂に仮契約へと至ったわけですが・・・


唐突だな。。。



何故このタイミングでこの展開に至ったのでしょう?
物語の進行として不自然すぎることの極みです。
そもそも、「ネギパの集結」「フェイトパとのオスティア交戦」「ナギ・スプリングフィールド杯」を終え(ネギパの集結に関しては未完成ではありますが)、250時間目でネギも言っていた通り、後はネギパ残りの2人をフェイトらの手から救出し、そのまま麻帆良へ帰るだけです。つまり、魔法世界編はもう終盤も終盤に近づいており、ラカンの回想編後の楓との仮契約なら、「フェイト達が如何に強大な敵か」を知ったため、との理由付けをすることができます。しかし、今回の仮契約には、その「理由付け」が不能、要するに「脈絡から完全に逸れている」と思います。

無論、脈絡から逸れること自体は問題ではありません。
しかし、それが「物語の今後を大きく左右するもの」、殊にこのせつ仮契約なんかに於いては、脈絡から逸れる、ということはあってはならないのではないでしょうか??

比較例として「亜子ナギ問題」を挙げてみましょう。
これについても、ナギvs.ラカンと同時進行で展開が明かされていきましたが、それ以前も含め、伏線回収までに結構な話数を用いていました。そもそも、導入部(14巻)の時点でかなりの話数を使っていましたしね。

今回のこのせつ仮契約も、「バトル展開の裏でのクラスメイト編」という意味で、非常に亜子ナギ問題と(話構成的に)似ているところがありますが、このせつ仮契約は亜子ナギ問題と違い、「その結末にふさわしいまでの起、承、転が描けていない」んじゃないかな・・?と。

無論、この3つが「全く」描かれなかったわけではありません。
確か19巻の冒頭で、やろうとしてましたよね。アスナの乱入のせいで失敗に終わりましたがww

しかし、ぶっちゃけコレだけです。
そもそもコレにしたって、ちゃんと導入部が描かれているかどうか怪しいもんですよね。

252時間目の刹那に関して、キチンと「起承転」が描かれているのは、「剣か?幸せか?」の方だけです。多分。

剣か幸せかを問う問題がそのままこのせつ仮契約に至ったというわけでもありませんからね。
別に展開としては「木乃香の話のお陰で、刹那がその想いを確固たるものにすることができた」で終わっても、何ら不自然は無かった(寧ろこっちのが自然だったんじゃ・・?)と思います。

だから、このせつ仮契約はもっと焦らして欲しかった、というのが個人的な思いですねー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
個人的にはこのせつよりネギこの派な私
ガンジンダ
2009/06/02 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
252時間目考察,「このせつ仮契約」編(2009/05/31-099[S-031]) でふぇねすとれーしょん!!/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]