でふぇねすとれーしょん!!

アクセスカウンタ

zoom RSS クルト・ゲーデル総督についての考察【ネギま!254時間目感想】(2009/06/17-106)

<<   作成日時 : 2009/06/17 21:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 1

こいつぁ興味深いことになってきたな・・。
えーっと、とりあえずこの総督は顔芸の使い手ってことで言いのかな?
マリク様もビックリの顔芸具合に全米が泣いた!!

画像


今回の話は一貫してネギとゲーデル総督のやり取り。
山岸さんが書かれてましたが、ゲーデルを役職まで付けて正式に言おうとすると「メガロメセンブリア信託統治領オスティア総督クルト・ゲーデルメガロメセンブリア元老院議員」なんですよね。長いとか言うレベルじゃねえwwwww

このMM兵って、やっぱり古代ギリシャの重装歩兵をモチーフにしてるってことで良いのかな。
何だかわんさか総督の後ろにいたけど、ネギに瞬殺されちったなぁ・・(^_^;)
ところで、MM重装魔導兵団はどういう組織図をしてるんだろうか。見かけによらず中身は大分フランクな人が多いみたいだけど(笑)、恐らくメセンブリーナ連合に於いてはかなり高位の特殊部隊(主戦力?)になってるんだろうから、やっぱり精鋭の集まりなんだろうなぁ。すると、やっぱり長い期間の訓練とかも積んでるのだろう。ここでリカード登場?w
あの人、白兵戦の鬼教官だったらしいから、この手の特殊部隊についても訓練してやってると思うのですよ。MM兵が白兵戦をするのかは甚だ疑問ですがwwww

ところで、ゲーデル総督の戦闘力ってどの程度なんでしょう?
今回のネギとの一戦では、雷天大壮なネギを相手にノーダメージでノックアウトしてます。
まぁ、これはネギに「戦う気」がいまいち無かったことに加え、神鳴流の「弐の太刀」奥義の力によるところが大きいですが。フェイト戦と同じテンションでなら、この人もまぁ倒せない相手では無いことは確かでしょう。相手がオスティア総督ですから、立場上倒したりなんかしたらマズいことになりますがww

神鳴流の「弐の太刀」奥義って、確か「対象の後ろにあるものを攻撃できる」的なものだったと記憶してます。今回の戦いでは、ネギの障壁を無視してその奥のネギを直接攻撃してました。要するに、「遅延呪文の必要ない障壁貫通魔法」みたいなところでしょうか。

斬岩剣・弐の太刀については今更説明も必要無いですよねw
ただ、ダメージが無かったとは言え、物理的攻撃でも精霊の体を斬り飛ばすことは可能というのはどういうことだろう。もしネギの体が半雷化しているのなら、物理攻撃である斬岩剣が「体を斬り飛ばす」というのはあり得ないことだと思うんですよね。。ラカンなら素手で殴り合えるということだから、精霊等の特殊な相手でも「体を斬る」ということだけなら可能ということかな??

斬魔剣・弐の太刀について、斬岩剣が物理的攻撃なのに対して、こちらは気による特殊攻撃のようです。刹那がさよに対して使っていたこともあるので、恐らくは「霊体に対し物理的ダメージを与える特殊技」といった類のものでしょう。魔力等による特殊な存在に対し物理的攻撃を与える技?すると、20年前のナギパvsフェイトパでアルが相手してた影使いの召喚してた奴とかも、斬魔剣で相手してやることになるのかな?霊体に対してなら雷鳴剣とか雷光剣も使えるんだろうけど、今回のネギ戦では弐の太刀奥義を使う必要があったから、敢えて斬魔剣を使ったんでしょう。

それにこの総督、ネギに対しての斬魔剣・弐の太刀も、栞明日菜に対しての斬空閃も、確実に肩を狙ってきています。ここまで的確に相手の「動きを封じる」ことが出来る(肩さえ潰してしまえば、ネギは拳を放てないし、明日菜は剣を握れない)ということは、その気になれば「首を落とす」、つまり「殺す」ことも可能ということ。どの辺が「虚弱体質」なんだよ、マジでwwwwwwwww

とまぁ、今回の感想では総督の戦力分析を軽くしてみました。
この総督、どうやらフェイトについては知っているようですが、「完全なる世界」とはまた別の一派のようです。セラス曰く「ネギ達を賞金首に仕立て上げた一派の可能性が高い」そうですが、ネギ達の賞金首化については、フェイトが「異世界旅行のスパイスにね。良い演出だっただろう?」と、その関与を示唆しています。

結局、この総督の一派(以降、「ゲーデル派」「総督派」「オスティア総督府」と呼称することにします)も「完全なる世界」に利用されているんじゃないかなぁ。ネギ達と同様に。
多分、オスティアのトップ自体はゲーデルなんだけど、ゲーデル派の中に「完全なる世界」のシンパがいて、そいつが色々仕組んでネギ達を賞金首に仕立て上げたんじゃないかと。

すると、ゲーデル派からしても「完全なる世界」は敵なのかな。
しかし、セラス曰く、ある意味では「アーウェルンクスなどよりずっと恐ろしい」かも知れないそうです。これは一体どういうことでしょう。恐らくは、「完全なる世界」はあくまでも「世界を救うため」を目的としているのに対し、ゲーデル派は「世界の掌握」を目的としてる、という違いからの、「私利私欲のために動く人間は、目的のためには手段を選ばない」という意味で「アーウェルンクスなどよりずっと恐ろしい」ということ??
「完全なる世界」もゲーデル派も「世界を救う」と謳っている面では同じですが、前者が「世界を滅ぼすこと」により世界を救おうとしているのに対し、後者は「世界を少数の人間が掌握すること=支配すること」により世界を救おうとしているという面で違います。そして更に言うなら、白き翼は「世界をそのままに留めること」により世界を救おうとしている存在と言えるでしょう。あら、三すくみ成立!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネギま!関連サイト巡回(06/17)
■「完全なる本屋〜ネギまと音楽とけいおん!と〜」さん「クルト・ゲーデル総督についての考察【ネギま!254時間目感想】」 ...続きを見る
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
2009/06/17 22:52
楓の ネギま!ニュース+254時間目感想ブログまとめ 「2009年6月17日」
☆ネギま! ニュース ●Dance×Mixerで魔法先生ネギま!の宮崎のどかを再現してみた。おまけでハルヒコスも ...続きを見る
楓の箱リロLive対戦日記 [光の翼 〜...
2009/06/18 00:23
ルイヴィトン バッグ
クルト・ゲーデル総督についての考察【ネギま!254時間目感想】(2009/06/17-106) でふぇねすとれーしょん!!/ウェブリブログ ...続きを見る
ルイヴィトン バッグ
2013/07/10 04:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
謎めいた総督だし、単に現在の白き翼では彼の剣技を回避出来る人がいないのでは?・・・単に敵としても恐ろしいですよね。

 障壁突破や念話傍受・・・そしてお付の少年(一時はこちらを神鳴流剣士と・・)・・・一筋縄ではいきません。

 ネギを本当に味方にしたいのか疑問ですしね。
100siki
2009/06/18 00:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
クルト・ゲーデル総督についての考察【ネギま!254時間目感想】(2009/06/17-106) でふぇねすとれーしょん!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる