魔法先生ネギま!223時間目「ネギ・パーティVSフェイト・パーティ」感想 後編×フェイトの狙うもの

今までのフェイトの動きから推測できる「フェイトが狙うもの」。

まずネギとフェイトが出会う原因となった修学旅行の戦い。
あの場にフェイトがいた理由。そして千草に加担した理由。
恐らくフェイトは千草を利用してリョウメンスクナノカミを復活させ、ネギ達を潰した後千草を裏切ってスクナの力を得るつもりだったのでしょう。ラカンの見立てだと京のスクナはフェイトの約3倍の力があるわけですから、そこは木乃香の力を使って。もしエヴァが現れずにフェイトがスクナの力を手に入れてしまったら、まず関西呪術協会は全滅でしょうね。そもそもフェイトだけでも関西呪術協会に大打撃を与えることくらい造作もないことでしょうから。
そして麻帆良学園からの増援もスクナの力で瞬殺。木乃香を盾にしてしまえば近右衛門やタカミチといった強力な魔法使い、更には生きているとも思われる紅き翼メンバーをも屈服させられるでしょう。そもそも詠春が石化させられ、ガトーが死に、ナギも完全なる世界の手にかかっている可能性がある以上、紅き翼の戦力低下は否めないですが。あ、それ以前に木乃香の魔力はナギを上回ってるからもうどうしようもないか。
とにかくスクナを千草から奪うだけで「麻帆良学園都市」という魔法世界にとっても相当重要な機関を堕とせてしまうのだから恐ろしいです。そのまま何等かの手段で魔法世界に行きゲート吹っ飛ばしてスクナの力で・・・みたいなことがあればもう最悪でしたね。あそこで現れたエヴァは本当に救世主です。マジでw

次にメガロメセンブリアゲートポート襲撃事件ですが、あれは単純明快、ゲートポートの破壊が目当てでしょうね。
ところで、ゲートポートって適当に作られてるんでしょうか?それともやっぱ現実世界の聖地のような魔力溜まりでもあるんですかね?そして、そもそも何故フェイトはゲートポートを破壊して魔法世界をシャットアウトする必要性があったのでしょう?魔法世界を吹っ飛ばすだけなら何も魔法世界をシャットアウトする必要性はなく、逆に言えばそれだけの力があるのならネギ達をわざわざ帰すのではなく寧ろ放っておいて何も知らずに現実世界へ帰るネギ達を尻目に魔法世界を吹っ飛ばしてしまえばいいだけの話なのですから。今回の経験と2学期が始まることから考えてネギ達が近いうちにまた魔法世界に来る可能性はないのですし。無論、ネギ達が帰る上でオスティアゲートポートでの対峙があればそこはフェイト達が引けばいい。計画に明日菜が必須条件でないのなら尚更。
完全なる世界の黒魔導師が23巻で「魔力の対流は狙い通り時満ちるまで約3週間」とか言ってましたし、恐らく魔法世界全体には魔力の流れがあり、それが魔法世界全体に満ちた時にマジックキャンセル能力、或いは「終わる世界」「燃える天空」「全世界強制認識魔法」などといった呪文をも越えた超魔法をその魔力の流れに乗せることによって魔法世界全体に一挙にテロを起こすのではないでしょうか。

そこで出てくるのがネギが覚えた「高位の魔物を完全消滅させる魔法」ですね。この魔法は間違いなくフェイトを倒す時には鍵となるでしょうね。それこそ黒魔法的な?


そして今回フェイトがネギの前に姿を現した理由ですが、恐らくフェイトはハリポタで言う「破れぬ誓い」を結ぶつもりなのではないでしょうか。この魔法は「一度契約を交わした者同士はその誓いを守らなくてはならず、もしその誓いを破ればその者は死ぬ」というものです。これならネギはフェイト達に歯向かうことはできなくなるし、フェイトはネギ達を麻帆良に帰してしまえば魔法世界を滅ぼすのは造作もないかもしれません。先に書いた通り今魔法世界にいてフェイトに対する即戦力になるのはラカン、タカミチ、龍宮くらいでしょうから。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ネギま!関連サイト巡回(08/23)

    Excerpt: ■「のどか的ネギま!だいありー」さん「魔法先生ネギま!223時間目「ネギ・パーティVSフェイト・パーティ」感想 後編×フェイトの狙うもの 」 ... Weblog: ネギま!部屋(楊さんのページ別館) racked: 2008-08-23 08:58