233時間目に於けるガトウの「よろしいのですね・・?女王陛下」という発言の真意

あ、取り敢えずブログのタイトル正式に変更致しました.当分はこのままかな・・

234時間目の感想は明日うpします.ちょっと考察したいことがあるので.


○ガトウの言葉の真意

まず233時間目でガトウが言った「よろしいのですね・・?女王陛下」という言葉の真意についてです.
今回234時間目でフェイトが「解除呪文」という魔法を使っていましたが、これは何を解除する魔法なのでしょう?
朝の電車内でいろいろ考えました.そして一つ仮説を立てました.
世界の始まりと終わりの魔法を押さえ込むために「大規模反転封印術式」という術式を展開していましたが、この時アスナは一緒に封印されてしまったのかというとそうではありません.この時アスナが封印されてしまったのなら,アスナがその後ナギ達と旅をできたという可能性が非常に低くなるからです.しかしこの封印術式の効果にアスナが巻き込まれなかった可能性もまた非常に低い.それならアスナが封印されたものとは?

そう、それこそがアスナの「記憶」なのではないか?

その後のナギ達との旅の途中で既に咸卦法を使えたことは分かっているので、この時点で魔法のことまで忘れてしまったということはないでしょう.しかし少なくとも「ウェスペルタティア王族としての自分」の記憶はこの時点で忘れてしまった可能性はあります.咸卦法をタカミチに披露した際に「私は初めから空っぽだから・・・」と言っていますがこの時点でのアスナは自分の境遇を「家族がいない」というところまでしか把握していないのだと考えれば辻褄が合います.

「家族の記憶」を、つまりは「アリカ王女の記憶」さえも失ってしまったのです.

あの場に於いて封印術式を発動すること、それはつまり実子(姉妹?)であるアスナの記憶から親(姉?)である自分のことが消滅するということ.ガトウはそれを分かっていたからこそアリカに「よろしいのですね・・?」と判断を仰いだのではないか・・・・・


するとフェイトが使った解除呪文とは、世界の始まりと終わりの魔法と共に封印された「アスナのウェスペルタティア王族としての記憶」を解放する魔法ということになります.フェイトの言う「君自身の罪の重さ」とは「かつて魔法世界を滅亡の危機に陥れたこと」「自分の母国であるウェスペルタティア王国を自らの手で滅ぼしたということ」の2点なのでしょうね・・・.他にも「自分を救うために動いていた紅き翼を死の淵にさらしたことへの責任感(vs.造物主)」等も重くのしかかってくるでしょう.タカミチは学祭デートの際に「アスナは強くなった」と言っていますが、果たしてアスナは自らの罪の重さに耐えることができるのでしょうか・・・.ネギにとっての一つの山が「父親の行方と滅ぼされた自らの村」とするならアスナにとっての一つの山はこの問題に耐え切れるかどうかとなりますね.


う~ん・・・こうだと思うんだけどなぁ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ネギま!関連サイト巡回(11/27)

    Excerpt: ■「完全なる本屋-ネギまと音楽と暮らす日々-」さん「233時間目に於けるガトウの「よろしいのですね・・?女王陛下」という発言の真意」 >果�... Weblog: ネギま!部屋(楊さんのページ別館) racked: 2008-11-27 07:17
  • 楓の ネギま!ニュース+234時間目感想ブログまとめ 「2008年11月26日」

    Excerpt: ☆ネギま! ニュース ●ネギま!関係のブログ11月26日の更新 [十兵衛の呟きじゃあ!] ●ネギま!?neo5巻限定版の特典はデスクトップアクセサ... Weblog: 光の翼 ~ALA LUCIS~ [楓の箱リロLive対戦日記] racked: 2008-11-28 22:35