OAD第1期全体評価[ストーリー編](2009/02/21-046)

[まずは宣伝から。]
明日午後8時より、鈴きんさんがネトラジをなさるとのことです。
そして今回のゲストは・・・・

ネギま!部屋でお馴染み、楊さんです!(何というやん☆ラジ延長戦w)

皆さん、大河ドラマも良いですが、こちらも是非聴いてみてはいかがでしょうか?(´・ω・`)/^^
↓(参考)
[「やきとり 鈴きん」掲示板]
http://jbbs.livedoor.jp/radio/6102/

[鈴きん的。~白き翼 ALA ALBA~]
http://suzukinnoir.blog8.fc2.com/

[ネギま!部屋(楊さんのページ別館)]
http://yannegi.blog42.fc2.com/

累計24,2000部の売り上げを叩き出したネギま!OAD「白き翼」シリーズ。

私個人の感想として、各々の話に関しての感想には結構な良評価としておきましたが、全体的な感想として100点満点中で言うならまぁ50点ってところでしょうかね。

<<ここまでテンプレ>>

ストーリー的な視点からの点数の理由



だって、本当に(ストーリーが)原作そのまんまなんだもん!!!




観てて新鮮味に欠けるんですよね~原作準拠モノって。

↓(参考)私がOAD第2話の感想記事に書いた内容

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だって本当に「原作そのまんま」だったから.観てて新しい発見も無ければ改変も見つからなかった.
本当に「原作準拠」でした.

どうなんでしょうね?mixiにもこっそり書きましたが、「OAD」という形をとったからこそ完全原作準拠で許される
んでしょうか。私個人の見解として「TVアニメ化までするなら原作に脚色をかけた方が新鮮味があってイイ!」
と考えを持っているので.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だって、そうじゃないですか?
確かに原作のセリフそのままに声優さんのCv.が当てられるのはwktkすることこの上ないのですが、「ストーリー」という面から観た時にどうしても次の展開を知っているが故の“つまらなさ”を感じざるを得ません。緻密な言い方をすれば、OAD2話的なドタバタコメディは(寧ろ千和が)良かったですが、OAD1話的なドタバタコメディは「あぁ、まぁ、そうだよね。」てな具合ですかねぇ。

※「OAD2話的なドタバタコメディ(α)」と「OAD1話的なドタバタコメディ(β)」
・α→主軸となるキャラ(OAD2話で言うならアーニャ)が一人歩きしまくってドッタンバッタンするコメディ
・β→主軸となるエピソード(OAD1話で言うならバッジ争奪)を巡ってドッタンバッタンするコメディ

主軸がキャラになっていれば例え先の展開を知っていたとしても「アーニャ可愛え~ww」てな具合に何度も楽しむことができますが、主軸がエピソードになってしまっていると,「展開しっとるがな・・orz」てな具合にどうしてもwktkが半減してしまいます。

OAD3話は短編集(要するに「アニメとしての気質が違う」)なので、私的には「OADとしては成功だけれど、アニメとしてはポシャってる」というのが感想です。一番期待していたのは無論(w)闇のどかの話。佐和さんがめっちゃ上手だったと思うのですがww(「ブヒャヒャヒャヒャwww」とか).能登さんもかなり良い感じ。ただ、「桑谷さん、不調だった??」。慌て方にいまいち夕映にハマりきれてないような感じが否めかったような。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ネギま!関連サイト巡回(02/22)

    Excerpt: ■「完全なる本屋-ネギまと音楽と暮らす日々-」さん「OAD第1期全体評価[ストーリー編](2009/02/21-046) 」 >私個人の感想として、各々の話に関して... Weblog: ネギま!部屋(楊さんのページ別館) racked: 2009-02-22 09:24