超鈴音の計画と未来の魔法事情、そして「完全なる世界」(2009/03/19-063[S-021])

超の魔法バレ計画の真相についてです。

まずは問題のシーンから。

画像


この時の超のセリフには違和感があります。
それは、「この時代の使い手は最新式の軍用強化服を~」という件の「この時代の」という部分です。
超自身が魔法使いであることから、超の生きる未来でも魔法使いが存在していることは確かです。ということは、当然ながら現代で言うような所謂「使い手」は未来にも存在するということになります。

それにも関わらず、わざわざ超はここで「この時代の使い手」と言っています。そう、さも「未来の魔法使いには大した力が無い」とでも言いたいかのように。

ここで一つの仮説を立ててみましょう。
「100年後の未来、魔法使いはそのほとんどが滅んでしまっている」という説です。

~魔法世界及び魔法使い達に対して「何か」が起こり、その影響で魔法族はそのほとんどが死んでしまった、或いは魔力を奪われてしまった。魔法を使える者が極少数になってしまったのなら、当然魔法学も一気に衰退していくでしょうし、それならば「この時代の使い手」と、わざわざ時期を現代に限定したことにも納得がいきます。魔法に頼ることができなくなった旧魔法族達は、魔法に代わる新しいエネルギーが必要となり、そこで旧世界で圧倒的に普及が進んでいた「科学」に目をつけた。そこで生き残った魔法族の中で超鈴音のような天才が魔法族の中で急速に科学を進歩させ、新たな魔法族のエネルギー源を生み出した。しかし、科学に味を占めた旧魔法族達はそこからの更なる進歩を望み、生き残った魔法族の魔力を元とした「科学と魔法の融合」についての計画を進めはじめた。この計画は見事に成功を成し遂げ、結果的にカシオペア=時間遡行機の開発にも成功。しかし、この魔法族の中での科学の異常な進歩を、旧世界が看過できるはずがありません。魔法族の強大な力の保有による旧世界の支配を危惧した旧世界上層部は、科学と魔法の融合が完成する前に魔法族の排除を決定、圧倒的な化学兵器力を誇る旧世界軍は瞬く間に旧魔法族を制圧。魔力の喪失から復興できておらず、科学と魔法の融合についても未完の部分が大きかった旧魔法族は大した軍事力も持っていなかったため、成す術も無く旧世界軍に滅ぼされていくこととなった。

しかし、この戦争の後でも生き残った極僅かな魔法族達も諦めたわけではなかった。旧世界軍との戦争から逃げ延びる際に、既に完成していたカシオペアをいくつか持ち出したのである。そして実際にカシオペアの開発に携わった超鈴音がカシオペアを実際に使用し、自分達が滅びの道を歩む原因となった出来事、つまり「魔力の喪失」を食い止めるために過去へと戻ってきたのである。~

何だか歴史の教科書みたいになってますねww

しかし、この仮説が正しいとすれば、「完全なる世界」の計画ともリンクさせることができます。

~魔法族荒廃の原因、「魔力の喪失」。この魔力の喪失は「完全なる世界」が行った世界を無に帰す儀式、世界の始まりと終わりの魔法が行使されたことにより発生したものだった。超が魔法を旧世界全土に公表しようとした目的は、早い段階で魔法について旧世界に認知させることで、旧世界に「魔法族により自分達が支配されるかも知れない」という危惧をさせないようにすることが一つ、突如として魔法について認知させられた旧世界は当然のように混乱するわけだが、その混乱に乗じて「完全なる世界」が行動を起こしにくくなる世界情勢を作るということが一つ、そして最後に、「完全なる世界」は出来うる限り旧世界に危害が及ばないようにしていることを利用し、敢えて旧世界に魔法をバラすことで「魔力の喪失が旧世界にとっても大きな危害を及ぼす状況」を作り出すことが一つの計3つ。これにより「完全なる世界」による魔力の喪失は回避され、魔法世界と旧世界はこれまでと変わらぬ絶妙なバランス関係を保ったまま付き合っていくこととなった。~

また歴史の教科書みたいになってるww

でもまぁ、これで超の計画と「完全なる世界」の計画が深い繋がりを見せることになりますし、「超が想像を絶する苦難を経験してきている」ということに対しても具体的な例を示すことができます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

クラーク
2009年03月22日 09:07
さすがGoさん!
素晴らしい考察です!!

魔力の喪失って魔法使いにとっては世界の破滅に等しいですよね。
それでも龍宮と夕映の会話で、世界の破滅といった究極的事態ではない、という事を言っていたから、超の住む時代では魔力のない世界が日常になってしまうほど、「魔力の喪失」から長い時間が過ぎているのかもしれませんね。

そう考えると…計画を止めたことは正しかったのか…という事にならないでもないですが(^_^;)

未来編

未来にとばされてみると魔法使いは滅び「完全なる世界」が牛耳る世界

レジスタンスとして戦う超と再会
とか普通にありそうな気が(笑)

その時はクラスメイト全員+コタロー、アーニャは連れていってほしいものです。
Go
2009年03月22日 10:03
>>クラークさん
いえいえ褒めすぎですー/(^_^;)

寧ろ超は、龍宮はおろか葉加瀬や五月にすら未来の危機を伝えていなかったんじゃないでしょうか?
だってほら、未来のことを教えちゃったらタイムパトロールに(ry


>>未来編

>>未来にとばされてみると魔法使いは滅び「完全なる
>>世界」が牛耳る世界

>>レジスタンスとして戦う超と再会

ちょww何という20世紀少年第2章ww

この記事へのトラックバック