魔法先生ネギま!243時間目「ラカン、120%!!」考察(2009/03/08-055)

日曜日にもなって「感想」というのはいただけないので「考察」とします(^_^;)
ラカンについての過去が色々と明かされていますが、これについては情報がもう少し出揃ったら、そこで。

○亜子の涙について
ナギからラカンについて話を聞かされ、「そんな強いひと・・どうやって勝つんですかぁ?」と言ったときの亜子の涙の理由について。考えられる理由は「自分達の身分解放への危惧」「自分達の身分解放のためにチートキャラに挑むナギに対しての罪悪感」「愛するナギの(ある種生命の)危機への不安」の3つでしょうか。比率としては前から順に「1:7:2」といったところ。基本的にはナギへの申し訳なさ、罪悪感から来る涙。そもそもとして、ネギ達の忠告を無視して勝手に魔法世界まで来たのは亜子達本人なのですから。まき絵が危惧していたように、亜子もナギに対して「自分のことを嫌ってはいないか?」といった不安を抱いていてもおかしくはありません。また、拳闘士としての「ナギ・スプリングフィールド=ネギ」は亜子自身が愛した存在。当事者であるナギ自身から「ラカン=最強」と聞かされてしまってはナギの勝敗を案ずるのも無理はありません。それに、これもまたナギ自身の口から「過去に幾度も死にかけたラカン」についても聞かされてしまっています。亜子は否応無しに「ナギの死」を意識してしまったのでしょう。

○「性能」で上回る
まともに戦ったことの無い相手、しかも「世界最強の部類」と謳われる存在に対して「性能で上回る」なんて戦法が可能なわけないでしょう。相手の性能の程度が分からないの「上回る」なんてことは不可能。ましてやラカンは戦術兵器に戦略兵器を乗っけたような奴です。近接戦闘でも最強クラス、遠距離戦闘でも最強クラス。「性能で上回ろう」だなんてリスクが大きすぎる。確かに基本方針としては間違いではないが、得体の知れない敵を相手にするにはいささか認識が甘すぎると思う。まぁ、これ以上の秘策があるのかも知れないが。

○魔術開発部
そんな部署があるんだ・・・・。
これは、将来的な戦争勃発の予兆な気がする。
例えば、ネギがこの部署に配属されたことにより「闇の魔法を使う特殊部隊」が設立されるなんてこともあるかも。

○雷速瞬動は本当に破格の大技
ケルベラス大樹林からメガロメセンブリアまで約10000km。
雷速瞬動は150km/s。
10000÷150≒65。
つまり「ケルベラス大樹林からメガロメセンブリアまで雷速虚空瞬動を利用すれば1分強しかかからない」

○ラカンの120%
これが本気か・・・・。
やっぱりこのひとは本気になると強いんだなぁ。。
これについても情報がもう少し出揃うまでお預けということで。
ただ、「ネギにフルボッコにされたこと」により「ラカンが本気になったこと」っていうのは、ラカンが元々置かれていた身分、つまり彼の奴隷時代が強く影響しているんじゃないかとにらんでます。要するに、ネギにとっての原風景が6年前の事件だとするなら、ラカンの原風景は奴隷として虐げられてきた頃の自分。彼の場合は持ち前の性格によって原風景に打ち勝つことに成功していますが、その原風景が何等かの形で刺激されれば当然ラカンが本気を出すことのきっかけにもなりうる。無論、ネギと違ってラカンは「力の解放」を完全にコントロールできるわけですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 楓の ネギま!ニュース+243時間目感想ブログまとめ 「2009年3月4日」

    Excerpt: ☆ネギま! ニュース ●ねとらじ「やきとり 鈴きん」2日目の告知 [鈴きん的。~白き翼 ALA ALBA~ ] ●「やきとり 鈴きん」にゲスト出演しま�... Weblog: 光の翼 ~ALA LUCIS~ [楓の箱リロLive対戦日記] racked: 2009-03-09 00:29
  • ネギま!関連サイト巡回(03/09)

    Excerpt: ■「完全なる本屋-ネギまと音楽と暮らす日々-」さん「魔法先生ネギま!243時間目「ラカン、120%!!」考察」 >○「性能」で上回る >まともに戦... Weblog: ネギま!部屋(楊さんのページ別館) racked: 2009-03-09 06:30