オスティアの統治権について(2009/05/23-095[S-030])

「物語三昧~できればより深く物語を楽しむために」さんの「251時間目 運命との再会 ああっもう、ゆえかわいーよっ! & オスティアの統治権はだれのもとにあるのか?」からの派生記事です。

オスティアの統治権が誰にあるのかということですが、恐らく「統治権そのものが消滅してしまっている」のではないかと思います。

そもそも大戦以前の「オスティア」とは、決して「オスティア王国」という国のことではなく、「ウェスペルタティア王国」
という王国の首都のことです。アリカらエンテオフュシアの家系が統治してきたのも、あくまで「ウェスペルタティア王国」です。

つまり、「旧オスティアの統治権」はつまり「ウェスペルタティア王国の統治権」と同義なわけですね。―①

また、24巻でテルティウムが旧オスティアのことを「旧ウェスペルタティア王国、王都跡」と言っています。ここから「大戦以前のウェスペルタティア王国は滅んでいる」ということが分かります。―②

①,②より、ウェスペルタティア王国が滅んでいる以上、滅んだ国に統治権もへったくれもあったもんじゃありませんから、「旧オスティアの統治権は消滅してしまった」と結論が出せます。

②でわざわざ「大戦以前のウェスペルタティア王国」との言い方をしたのは、「新・ウェスペルタティア王国が現在に存在しているのではないか?」と思ったからなのですが、これまでのVIPの登場ラッシュも関わらず新王国の関係者が現れていないことから、新王国が出来たという可能性は無いでしょう。

ただ、ここまで書いておいて何ですが(笑)、この話題のエッセンスは「旧オスティアの統治権」では無く、「新オスティアの統治権」なんですよね。というわけでそれを以下から。

先に書いた通り、旧オスティアを王都としたウェスペルタティア王国は既に滅んでいます。これは墓守り人の宮殿での世界の始まりと終わりの魔法の発動の際に起こったものでしょう。しかし、この「王国の滅亡」の定義は完全なる滅亡を定義したものでは無かったようで、当該の魔法の発動の際にもいくつかの浮遊島は、広域魔力減衰減少の影響を受けずに残ったようです。その残ったいくつかの浮遊島が、終戦記念の祝典(ナギ達がメダル貰ってたアレ)の行われた場所であり、現在の新オスティアとなったわけです。

しかし、ウェスペルタティア王国は滅亡したわけですから、新オスティアは「オスティアであってオスティアでありません」。

単純に王国が滅んだだけならその再興は可能でしょうが、この場合は話が違います。領土そのものが崩壊してしまっているのです。そんな状況で再興をしようとするなら、方法はただ一つ。「連合か帝国の領土を奪う」しかありません。当然ながらそんなことは出来ませんから、王国はそのまま滅亡することとなります。

では、僅かに残ったオスティア領土の扱いをどうするか?

王室宮殿、官公庁、市街地、空港、その全てが崩壊し、そもそもとして王族自体どうなってんだか分からないような状況で、これをどう扱うべきなのか?

ここで大戦の始まりに戻ってみると、その原因は「帝国のレコンキスタ」でした。結果このレコンキスタは王国の崩壊により失敗したわけですが、「帝国がオスティアのレコンキスタをする」ということは逆に言えば「オスティアは連合に統治されていた」ということになりますから、連合と帝国の勝敗がうやむやになった場合、オスティアの統治権は当然連合の所持するままになります。

実際のところはオスティアはしっかりとウェスペルタティア王家によって統治されていたわけですから、「連合に統治されていた」のではなく「連合の政治等への介入が強かった」ということになるのでしょうが。

こう考えてみると、オスティア総督がMM兵を引き連れていたことにも納得がいきます。
あの総督は「オスティア総督」であることは確かですが、正確には「メガロメセンブリアの総督位を持つ者の一人」ということになるのでしょう。

そもそも、新オスティアにある最高権力機関が「総督府」って時点でなんかおかしかったんですよねぇ・・・。

[結論]
新オスティアの統治権は、ウェスペルタティア王国滅亡以前の流れをそのまま辿るような形で連合側に与えられた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ペトロニウス
2009年05月23日 21:28
なるほどです。
100siki
2009年05月25日 06:50
 10年前?アリカ女王が亡くなる事でかなり版図が減った王国の少なくとも「直系」継承者がいなくなり、連合暫定支配に入った、と言うのは如何でしょう。

 ネギは存在していない扱い、「アスナ」は消息不明で、「白き翼」が指名手配でも「ネギ」の名を出さなかったのは名前を出せなかったのでは無く、継承位問題があるので「出さなかった」可能性もあると思ったりしました。
Go
2009年05月27日 00:03
>>ペトロニウスさん
どうもです(^^

>>100sikiさん
そもそも、アリカ即位の時点で他の王族が何してたんだかがサッパリ分からないので、継承者の有無が不明なんですよねぇ・・。それに、直系の継承者がいなくなったとしても、分家された連中が生きてれば、そいつらがオスティアを継ぐでしょうし(王位継承権は高かれ低かれ存在するハズ)。

指名手配のそれにネギの名が出なかったことには、特に意味は無いと思います(^_^;)
もし仮に名前を出さなかった理由が「ネギの名」にあるとすれば、それは寧ろ「スプリングフィールド」の姓じゃないでしょうか?メガロメセンブリアの深度Aクラスの情報に「ナギの息子はネギ」というものは確かにあるようですし。

この記事へのトラックバック

  • オークリー

    Excerpt: オスティアの統治権について(2009/05/23-095[S-030]) でふぇねすとれーしょん!!/ウェブリブログ Weblog: オークリー racked: 2013-07-05 20:26
  • VISVIM サンダル

    Excerpt: オスティアの統治権について(2009/05/23-095[S-030]) でふぇねすとれーしょん!!/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-09 12:25