魔法世界の中華的存在について(2009/08/19-158[S-043])

261時間目を読んでいて、ふと気付いたことです。
魔法世界は執政官や法務官といった役職の存在に代表されるように、どうやら古代ローマ付近の歴史の影響を強く受けているようですが、古代ローマ以外にもう一つ、中国史の影響を明らかに受けていると思われる存在があります。

最も分かりやすい例としては、魔法世界の南の方(地図上の下)には、「龍山山脈」「桃源」といったような中華的な地名が存在します。政治体系等は古代ローマに準じているので地名や呪文といったようなものがラテン語や古代ギリシャ語で成立していることには納得が行きますが、ここに何故中華的地名が存在しているのかについては、あまり納得の行く解釈が出来ません。

未来から来た超が中華的人種ですから、魔法世界と中華は何らかの関わりがあるのかも知れませんが・・。
決定的に情報が不足してますねー。魔法世界と中華については何の情報も提示されていないですから、並の考察では何も分かりません。というわけでこの話題はしばらく考えておきます(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック