とある魔術の禁書目録Ⅱ #08「大覇星祭-だいはせいさい-」感想(2010/12/11-059)

※記事の順番とか気にしないで(笑)

法の書編、残骸編を終えて、いよいよ大覇星祭編突入。
ここから!ここからですよ皆さん!この辺から一気にまた面白くなっていくんですよ~。

とは言っても、今回はまだストーリーの方に動きはありませんでしたけどね。上条達が棒倒しで超頑張って、そんな中学園都市に魔術師が侵入して、吹寄さんの全裸があって・・。

それにしても吹寄の中の人、藤村歩と来たか!
これは全く予想してなかったな。吹寄のキャラを考えると、若干声が高いような気がしないでもありませんが、これはこれで好き!ちょうど最近、藤村歩って良いよなとか思っていたところですしww

吹寄にオリアナ・・いやー、最近の禁書は巨乳が多くて良いですな!(←

うん。大覇星祭編はかなり安心して観られそう。
というか、もうクオリティの心配は無用かな。結局微妙なのは法の書編だけだったのか^^;

スタート直後ってことで調子出なかったのかな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: とある魔術の禁書目録Ⅱ #08「大覇星祭-だいはせいさい-」感想(2010/12/11-059) でふぇねすとれーしょん!!/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-05 20:43