テーマ:魔法先生ネギま!考察

ネギま!トークセッション with 『和泉彼方の萌え尽き日記(別館)』

まずは謝罪の方から。 こちら、『和泉彼方の萌え尽き日記(別館)』の管理人である和泉彼方さんと、“ネギま!に関してテーマを決めて語り合う”といった主旨の企画です。この告知を和泉さんがご自身のブログに告知をアップなさってから、もう1ヶ月以上が経過し、「最初に記を上げるのは自分(Go)」ということで話がまとまっていたのですが、どうにも「ブロ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「燃え盛る炎の神剣」「轟き渡る雷の神槍」について考察(2010/12/22-064)

312時間目にて初出のこの2呪文。 どちらもフェイトが決め手として使っていたので、ほとんど最強クラスの呪文(冥府の石柱より高い?)と考えて間違いなさそうですけど、ちょっと気になる点があったので久々考察。 「燃え盛る炎の神剣」の呪文詠唱に、確か「レーギャルン」って単語がありましたよね?これ、何のことだか調べてみました。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法世界を現実世界に引っ張り出せれば?-ネギま!298時間目 感想(2010/08/17-041)

まず思ったこと。 フェイト、良い表情するようになったなぁwwww ○まき絵のアーティファクト ・自在なリボン(リベルム・レミスタス) ・粉砕する棍棒(フランゴ・スティベス) ・爆弾のボール(ボンブス・グロブス) まぁ落ち着こうか。 まき絵、リボンならアーティファクトじゃなくてもいけるだろ絶対wwwww 残…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ネギま!297時間目「完全なる世界」感想/考察(2010/08/03-037)

「わずかな勇気が本当の魔法」とは、ネギの爺さんも上手いこと言ったもんだ。 かなりあっけからんとした脱出でしたねぇ。 というよりも、宮殿でエンカウントしたザジは姉でした、というオチに驚きです。そんなんアリか。ザジ(妹)は相変わらず麻帆良にいるということで、するとザジ(姉)はゲートポート破壊の前から魔法世界にいた、ということになるの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ネギま!296時間目「懐かしき日々」感想(2010/07/21-034)

遂に2学期編突入!! ・・・・・・。 ・・・・・・・・・・・。 えええええええええええ!!?? いや・・あの・・。 こっ。。ええええ!? とりあえず、ネギ以外の人間がナチュラルに場に馴染んでるのはおかしいから、あれはネギにとっての「完全なる世界」、要するにネ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ネギま!295時間目「最後の選択!!」感想(2010/07/18-033)

最近思わせぶりなサブタイが続いてますよね。「最後」だの「突撃」だの。 あ、ども、Goです。 今回はまた面白い展開。 色々また複雑になってきた。ざっとまとめると、 ・ネギが今の魔法世界の滅びを回避すると、100年後の魔法世界が滅ぶ。 ・超鈴音は滅びかけた100年後の魔法世界、つまり「今」の魔法世界の滅びが回避された未…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ネギま!294時間目「突撃せよ、白き翼!!」感想,考察(2010/06/30-029)

遂に墓守り人の宮殿への突入成功!! それにしても、パル様号とジョニーマンタの突入は本当にカッコ良かったなぁ。特にパル様号上の隊長、古菲、楓の3人が本当にイカしてましたね。隊長、突然の登場以来、イケメンっぷりを発揮しまくってますね。麻帆良祭では敵だったのでイマイチ感じる所も少なかったのですが、いざ味方になってみると実は凄い魅力的なキ…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

ネギま!289~293時間目の総括(2010/06/30-028)

どうも皆さん、1ヶ月ぶりでございます(^^; そろそろまたコンスタントに更新出来そうですぅ。 さて、激動の294時間目は別個に感想書くと致しまして、ひとまずはブランク分の感想をぬるっとまとめておきます。 有り体に言って、「熱い!熱すぎるっ!!」 白き翼と完全なる世界の総力戦だから当然なのだけれども、麻帆良祭の最終戦に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クウネルが世界樹地下から出られない理由(2010/04/02-020)

284時間目のフェイトの言葉で色々分かってきました。 詰まる所は「魔法世界人はあくまで虚構であり、現実世界に於いてはそもそもとして存在しない」といったようなことになるのでしょうか。感覚としては「灼眼のシャナ」に於けるトーチ化が近いかな? すると、クウネルが世界樹地下から出られない理由についても一つの仮説が立ちます。 ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暦から考える魔法世界の起源-魔法先生ネギま!284時間目 感想(2010/04/01-019)

どうやら造物主の正体はアマテルと見て間違い無いようです。 造物主はウェスペルタティア王国の姫君アスナに対して「我が末裔」と言ったのですから、造物主の正体として考えられる最大の可能性は、ウェスペルタティア王国の祖たるアマテルで間違い無いでしょう。 ここで、魔法世界の時間軸について考えてみます。 詳細数値はネギま!部屋より引用…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

魔法先生ネギま!282時間目「勝利の鍵を求めて!!」感想と考察(2010/03/10-015)

来ました状況整理回。 個人的にはこういう回が一番読み応えあるんだよね。 いくつか要点を抽出。 1.闇の魔法暴走≒急性魔素中毒? 2.「造物主の掟」の段階区分 3.廃都での魔力増幅現象 1については特筆すべきことでも無いかと思ったんですが、「魔素」という単語に引っかかりました。デュナミスが召喚した戦闘員の皆さんも“…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ネギま!281時間目「ネギ・パーティ、取舵一杯!全速前進!!」感想(2010/03/04-013)

なるほどねぇ・・。 これはもう夕映の記憶はリカバリされたってことで良いのかな。 引き金を引いたのが龍宮だったというのは意外でしたが、順当な流れ? 「電撃武器強化(コンフィルマティオ・フルミンナス)」に「氷結武器強化(コンフィルマティオ・グラキアリス)」ですか。この辺がよく分からないんだけど、武器強化専門の術式というのも存在する…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

魔法先生ネギま!279時間目_考察(2010/02/11-011)

ちょいと感想書いてる程の時間が無いので、要点だけ。 >永遠の園 この表現を見て「リライト食らっても死ぬわけじゃない?」との説を立てている記事が散見されたけど、この文句って非常に宗教的だよね。宗教世界に於いては「死=終わり」では無く、その代替表現としてこういった文句を用いていることが多いです。「完全なる世界」とその行動理由も、ある…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「リライト」「魔法世界人」を明確に定義してみる(2010/02/03-010)

ラカンをまでも打ち破った「リライト」について、ちょっとした定義を与えてやろうかと思います。 まずは、そもそも「リライト-rewrite-」とはどういった意味合いの英語なのかについて、以下に。 ---- rewrite 他①a)<人が><文・歴史など>を書き直す    b)<歴史>を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北欧神話から紐解く魔法世界の行方(2010/01/06-003)

274時間目に登場したは良いけど例の巨人に絡みつかれた残念な巡洋艦の、「フリムファクシ」という名前についてちょっとググってみたところ、以下のような記述が発見できました。 ---- フリムファクシ(Hrimfaxi) 【分類】 北欧神話(Norse mythology ) 【解説】 天空を駆け夜のとばりをもたらす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ネギま!雑記(2009/12/31-193)

やはり今年最後の記事はネギま!の記事で終わらせたいということで急遽ww 今年2009年は、なんつーか「動きがあるんだか無いんだか分からない」というのが率直な感想です(笑) OAD2期の展開もありましたが盛り上がりはOAD1期の時以下だし、映画化発表があったと言っても公開は2011年だし、ネギのお茶会2は穴倉みたいなイベントだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネギま!戦力分析 vs.「とある魔術の禁書目録」 Round1(2009/12/17-191)

新コーナー設立! 「ネギま!キャラの戦力を分析するのに、ネギま!キャラとしか比べないのでは正確さに欠ける!」といったような趣旨から生まれました。「ネギま!キャラと他作品のキャラが戦ったら、果たしてどんな戦闘経過を経て、どちらが勝つのか?」といったような内容を考えてみるコーナーです。多分考え出すとメチャクチャ楽しいwww そんなわ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ネギは12億人を救う旗頭となり得るか?(2009/12/08-190[S-058])

結論から言いましょう。現状のネギには無理です。 理由は単純、今のネギは素直すぎます。 前々回の記事で「ゲーデルは6700万人しか救うことが出来ない」と書きましたが、これはゲーデルが下した苦渋の決断、次善解に他なりません。ゲーデルにだって12億人をまとめて救いたいという願いぐらいあるでしょう。それが無ければわざわざ元老院議員に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

超の行動理由は元老院の横暴~ゲーデルと超の目的の一致~(2009/12/05-188[S-057])

272時間目にてネギは“あなたは十八人に一人しか助けない、と言っているんですよ?”と言いましたが、ゲーデルは決して「十八人に一人しか救うつもりがない」というわけでは無く、「十八人に一人しか救うことが出来ない」のでしょう。原因は恐らくMM元老院と数です。数というのは、「魔法世界の総人口12億人」のことです。これまでの情報を元に考えると、魔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法世界編の功績~物語に味を出すのは男キャラ?~(2009/11/30-186[S-056])

休載週ですからね。更新するネタがあまり無くて困ります(^^; 最近は禁書目録キャラとの対比記事なんて計画も考えてたり。 魔法世界編がネギま!にもたらしたモノについて。 元よりネギま!はラブコメ漫画だったワケですが、もはや今のネギま!は唯のラブコメ漫画では無いことは明白です。バトル漫画・・でも無ければラブコメ漫画でも無く、かとい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「造物主の掟」の正体について(2009/11/19-184[S-055])

271時間目にて登場したフェイトの魔法具(AF?)「造物主の掟(Code of the Lifemaker)」についての考察です。 まず、この魔法具は「造物主の力を振るうもの」であることが考えられます。理由は、ラカンに対して用いた楔の発射の際に用いられていた魔法陣が、266時間目にて造物主がナギに対して用いていた魔法陣と同一である…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

MM元老院が戦争の火種として利用した「完全なる世界」(2009/10/30-181[S-054])

突発的に気が付いたことなのですが、まずはメガロメセンブリア元老院の行動の矛盾について。 そもそもゲーデルは「元老院が黒幕である」としており、それを証明するかのようなエピソードが現在ゲーデルによって語られていますが、この内容にどうしても矛盾が生じています。 そもそも大分烈戦争が引き起こされた「直接的な原因」は秘密結社「完全なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法先生ネギま!268時間目「恋と世界の崩落」感想(2009/10/28-180)

ナギとアリカの物語・・と言うよりはアリカの顛末物語との呼び名の方がふさわしいかな? オスティア崩壊に伴いスヴァンフヴィートに乗り込み事態の収拾に努めるアリカとゲーデル。様々な問題から非難作業が困難なスラム街へ単身乗り込もうとするアリカと、それを制止するナギ。 アリカの意志って凄まじく強固ですよね・・。全ての罪をその身に被るば…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

「幻想殺し」から見る魔法完全無効化能力(2009/10/10-175[S-053])

「とある魔術の禁書目録」より、主人公上条当麻が持つ、それが異能の力であれば超能力でも魔法でも神の奇跡でも打ち消せるという力「幻想殺し(イマジン・ブレイカー)」。この能力から、明日菜が持つ魔法完全無効化能力についての考察をしていこうと思います。 結論から言うと、戦力的には魔法完全無効化能力は大して使える能力ではありません。また、設定…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

魔法先生ネギま!266時間目「真実との対面!」用語解説(2009/10/08-174[S-052])

266時間目は前回の暴走の続きから。 ゲーデルの目的がここへ来て明らかになりました。その目的とはズバリ「滅び行く魔法世界から6700万人の人間を救い出す」こと。このゲーデルの目的こそ、これまでバラバラだったピースを繋ぎとめる最後のピースとなるでしょう。 「難しい」「???」といった意見も散見されましたし、とりあえず溢れかえってい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

現時点でのネギの戦力分析(2009/09/24-169[S-051])

今回はネギ君の戦力分析です。 ラカン戦を経て一気に強くなったネギですが、実際のところフェイトやゲーデルと戦った時にどれほどまで拮抗できるのかを、「ラカンと引き分けられた要因」から少しばかり考えてみたいと思います。 確かにラカンと引き分けたわけですが、あの戦闘ではいくつものネギにとって有利な事態が働いており、且つ「拳闘大会」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲーデルの心理や主義主張について(2009/09/23-168[S-050])

只今ネギと絶賛接触中のゲーデルについて、タイトルにある通りの考察を少々。 そもそも、ネギの故郷の村を襲ったのがMM元老院だったとして、何故それをわざわざゲーデルはネギに教えてきたのでしょうか?ゲーデルはこの事実をネギに対して「君が知るべきこと」としていますが、何故この事実がネギにとって最も知るべきことなのでしょう?この事実がネギの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クラスメイトを大事にすること」に関するネギの勘違い(2009/08/20-159[S-049])

和泉さんの261時間目感想より派生。 和泉彼方の萌え尽き日記(別館) 「261時間:チュ~チュ~カーニバルv」 「ネギがクラスメイトのことを仲間だと思ってたり  大切に思っているなんて全然感じられない」 …と思っているので、 ここでパルがそそのかす理由として持ち出すのはまだしも、 6P目最後のコマのノリで 「その通りで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

魔法世界の中華的存在について(2009/08/19-158[S-043])

261時間目を読んでいて、ふと気付いたことです。 魔法世界は執政官や法務官といった役職の存在に代表されるように、どうやら古代ローマ付近の歴史の影響を強く受けているようですが、古代ローマ以外にもう一つ、中国史の影響を明らかに受けていると思われる存在があります。 最も分かりやすい例としては、魔法世界の南の方(地図上の下)には、「龍山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法世界地図の南北の逆転(2009/08/08-153[S-042])

結局何の仮説も立たなかったのですが、後々の考察材料ということで。 魔法世界に於いては「メセンブリーナ連合=北、ヘラス帝国=南」となっています。 しかし、魔法世界の地図については、ヘラス帝国が北、メセンブリーナ連合(メガロメセンブリア)が南に描かれています。魔法世界の地図製作に現実世界での常識があてはまるとするなら、この時点で矛盾…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more